c3e2cca9861fa61276ad729b8be982fa_s

6月ももうすぐ後半戦! 東海地方では最近、梅雨時期は前半より後半ほうが雨が激しく
なってきている気がする・・・。 しかも、結構なゲリラ豪雨っぽいのががんがん降ってきます。

 

ぼくのキャンプデビューもそんな梅雨後半の大雨洪水警報の日でした。

 

その体験のせいなのか、我が家のキャンプは雨が多い・・・。
あってよかったと思うアイテムを紹介していきます。


梅雨時期キャンプの注意点

 

雨キャンプ、結構天気予報を見て予定をキャンセルしちゃう人って多いんじゃないでしょうか?
キャンプは日ごろよりもより自然と向き合うことになるので、
川の増水や、雨の影響でテント・タープが崩れたり雨漏りしたりと言った危険が増えるので

 

日程キャンセルもありじゃないかと思います。
我が家は、初めてのときテント内を濡らしてしまいました・・・。

箇条書きですが注意点をまとめたいと思います。

  • 天気予報に注意する!!
  • 無理をしない
  • 安全なキャンプ場を選ぶ(水没しないように)
  • 着替え・タオルは多めに

 

梅雨時期(雨の多い時期)のキャンプで役に立つグッズ

 

① アイリスオーヤマ UVシート 紫外線 #4000

 

グランドに敷く様に1枚と、まさかの雨漏りに備えるように1枚
計2枚あるといいです。

このシート、表面にラミネート加工が施されていて普通のビニールシートより格段に
防水性能が優れています。 厚手になるので地面の凸凹を和らげてくれたりします。
サイズもいろいろと展開されていますが、270×270だとちょうど我が家のテントと
同じサイズなので文句なしです!

端には、はと目が施されているのでタープ代わりにもつかえる優れものです。

 

 

② ロゴス アルミスノコ

 

結構地面が濡れていて、靴を脱いでテントに入るときにテント内が
汚れるのを防いでくれます。 地味ですが折りたためて軽いしかも丈夫!
あるのとないのとでは雲泥の差ですよ。

 

③ MOTOHASHI TAPE TOUGH HOOK

 

カラビナをひかっけれるように作られたテープです。
濡れたシャツをかけたり、コップをかけたり使い勝手抜群です!

 

長さは190センチとヘキサタープ内にかけるには少し短いですので
ガイロープで延長するか、2本かってつなげて使うといいと思います。
ハンガーをお忘れなく!

 

61au5N+LzuL

雨降りでないときにも重宝します

 

まとめ

 

少しの便利が雨のキャンプのイメージを沢山変えてくれると思います。
雨キャンプ、嫌われがちですが

 

オンシーズンでは難しい
キャンプ本来の静かな時間が味わえたりもするので、
マッタリとスローな時間を過ごしたい人には、雨キャンプ激おすすめでします。

 

 

 


 

人気ブログランキングに参加しています。 リンクをクリックして応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


オートキャンプ ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村