dfa6d36aa3f6046a2ed2c455c1015e41_s

だいぶ気温も暖かくなってきて緑が気持ちよい季節になってきました。 野外で自然を感じながらのキャンプやバーベキュー、気持ちがいいけど気をつけなければいけない大切なことがあります! それは・・・

 

害 虫 

 

想像しただけで・・・・って感じですね。 僕、キャンプは好きですが虫は嫌いなんです!

なので、春からゴールデンウィークにかけて気を付けないといけない害虫と、簡単にできる対策をレビューしていきます。

お花見にバーベキュー、春キャンプなどアウトドアに行きたくなる季節となってまいりました。 アウトドアは興味があるけれど、虫がちょっと・・・。 なんて人結構周りにいません? 美容師をしているので趣味の会話になったりするのですが結構な割合で言われます^^;

 

本人がダメだったり、奥さんがダメだったりと状況は色々ですが

 

根本的に「インドアが好きで、アウトドアが嫌い!」とか、「特別な理由でちょっと・・・」 というような理由でなければ、虫がネックでふみだせないでいるとしたらもったいないですね

 

虫のあまり好まない場所を選ぶ

 

キャンプやバーベキューなどのアウトドアでは、ある意味自分たちから虫たちの普段活動しているエリアに入っていくようなもので虫との遭遇は避けて通れないことだと思います。

 

人間が過ごしやすいように虫にも過ごしやすい環境があるので、同じ広場でも知っていればずいぶんと快適に過ごすことが出来ると思いますよ。

 

それでは、下の画像を見てください。

bb579a0112bcd47e41e0e7f298884061_s

とある公園です。

上の公園だったら単純に、どこでキャンプ(バーベキュー)をしますか?

 

① 太陽・雨のよけれる大きな木の下

② 平らで水はけのよい芝生の上

③ 草の生えていない平らな地面

 

 

答えは、②の水はけのよい芝生の上

なぜそこなの?

 

①太陽・雨のよけれる大きな木の下

木のしたは時期にもよりますが結構毛虫が落ちてきます・・・。 色を垂らして落ちてくるのもいれば木の上から落下してくるヤバイのもいたりします。

特に、春先だと桜の木は要注意です! たいてい、公園やお花見会場などでは定期的に消毒が行われているのでよほど安心ですが信用ならんので僕は避けます。

e67dcf2bdc5b1ac996655904a1cb7eb7_s

イラガの幼虫

 

 

③草の生えていない平らな地面

これは一概には言えませんが、よく水がたまるようなところは草があまり生えないところが多いです。 周りを見渡して近くに水たまりや跡があると、最近噂の「デング熱・ジカ熱など」を媒介する蚊がたくさん出る場所かもしれないので避けた方が無難です。

 

②平らで水はけのよい芝生の上

虫がいないわけではありませんが、比較的嫌な思いをするような虫は少ないと思います。

 

 

image

大量の毛虫

 

我が家の鉢植えに大量の毛虫が発生していたので思わず激写してしまいました! よ~く見ると意外にかわいく思えもするんですけど、過去に一度毛虫の被害にあいとても痒くてつらい2週間を体験したので

 

危険なもののいそうな場所には近づかないのがべストです!

 

一応鉢植えは家に近づいてこないように、鉢ごと遠ざけておきました。 無駄な殺生は嫌いです。

 

 

最後に

 

虫との出会いもアウトドア体験の大切な一部です。 

でも少し気を遣えば外でも快適にいろいろな体験ができるのでよかったら参考にしてみてください。 子供たちも生き物と接することで他の生き物との共生を実感し、感じることも多いと思いますのでアウトドアは、子育てファミリーにこそおススメです。

 


人気ブログランキングに参加しています。 リンクをクリックして応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


オートキャンプ ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村