057b860f2011e5e88b60ee0547fe1a53_s

日中の気温もだいぶ下がってきて、
野外活動にぴったりのシーズンがやってまいりました。
個人的には、人も少ない春・秋・冬キャンプが一番好きなシーズンになります。
でも、冬は置いといて春と秋の朝は結構冷えるんです!

 

寒さで朝目が覚める・・・・これ、辛いですよね。

 

服装に寝袋、その下にひくマットによってもだいぶ快適さが変わって来ますよ♪


服 装

 

一応、気温に合わせたアウトドアでの服装でいいと思います。

冬だったらスキーする際の服装・ウエアをイメージしてもらって、

インナーはヒートテック的なので大丈夫です。 

欲を言えば、下はレギンスなんかはいたら完璧です♪

 

 

暖 房

個人的には、

シェルターのなかでぬくぬくよりも外で焚火にあたりながら過ごすスタイルが

好きなので寒くない服装に加え、

火の暖かさを活用するといいと思います。

 

初めはBBQコンロで代用してましたが、より強い火力に耐えられる焚火台があった方が安心ですね。

調理用+焚き火用(調理もできます) 2つあると便利です。

rp_image-90-e1458819624372-500x500.jpg

 

寝 袋

冬を除いた3シーズンなら、封筒型でも十分ですが

やっぱり冬はマミー型をオススメします!

というか、

マミーじゃないと絶対肩口から寒い空気が入って来るので

 

 

風邪ひきます(汗)

 

 

高価なダウンの寝袋ならさぞ暖かいんでしょうが・・・

予算の都合もあるので(汗)

コストパフォーマンスも良くて暖かい

そんな僕のおすすめは、

 

 

0度くらいまで行ける封筒型寝袋の中にマミー型の寝袋

 

 

さんざん厚着をして寝袋2重なら結構大丈夫です♪
不安なら、毛布を一枚余分に持っていきましょう。

 

インナーマット

意外かもしれないですけど、結構地面から伝わってくる冷気が冷えの元締め
だったりするんです!
エアーで膨らむタイプなんかが一見よさそうなんですけど、

 

これ、断熱性が良くないので寒いときはまだ銀マットのほうがましです。

 

オススメは、中にウレタンが入っていて空気で膨らむインフレータブルマット♪
寝心地もエアーマットと同じとまではいいませんが結構いいものが多いので
レビューなんかを見ながらご予算と相談して選ぶといいと思います。

image

2つ並べるとちょうどマイテントの床と同じサイズに!

 

 

あと、EVAマットも断熱性が良くておススメです。

 

因みに、冬はEVAマットの上にインフレータブルマットの重ね技がおススメです

 

秘密のアイテム

 

ホットカーペット!

最近のキャンプ場は、ご丁寧に電源のあるところが増えてきたので
ホームセンターなんかにある小さいサイズのホットカーペットをテントの中に忍ばせておけば
ストーブの一酸化中毒の心配もなく安心して暖かく眠れます。 

 


 

人気ブログランキングに参加しています。 リンクをクリックして応援お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


オートキャンプ ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村